遺言書のアドバイス

お金を手にする

亡くなった人の意志を相続に反映させるためには、正しい遺言書を残しておく必要があります。遺言書を正しく書くためのアドバイスを弁護士に聞いておき、トラブルの起きない遺言書の書き方を聞いておきましょう。

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ11

放棄も出来る

高価なお墓

相続は受け取るだけでなく、権利を放棄することもできます。亡くなった人が借金を抱えている場合などには相続を放棄することも検討しながら、弁護士に相談するべきでしょう。

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ12

より安心するために

お洒落なビル

より信頼できる弁護士に仕事を依頼するためには、相続を専門に扱っている弁護士事務所を探すことが重要です。相続に関する知識が豊富な弁護士なら、様々なトラブルを未然に防ぐことが出来るでしょう。

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ13

相続は慎重に

あまったお金

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ06

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ07

家族が亡くなって悲しい思いをしていても、様々な手続きを行なわないといけません。
死亡届を役所に出す、葬儀の準備を行なうなど、やることはたくさんあるのです。
その中でも特に気を遣って行なわなければいけないのが相続です。
相続は亡くなった人の資産を誰がどの程度受け取るのかというお金の話になるため、家族や親戚のように親しい仲でもトラブルになることが多いのです。
前もって準備しておけばトラブルに発展しない場合も多いため、亡くなった人が安心して眠るためにも、しっかりと対策を行なっておきましょう。

相続に関する相談をする際には、弁護士に相談するのが一番安心できます。
弁護士は様々な法律を熟知しているトラブル解決の専門家で、相続に関する法律も細かく把握しているのです。
そのため、弁護士に相談を前もってしておけば、法律に基づいた相続を行なうことが出来ます。
もちろん遺言書や家族での経済的負担なども鑑みて最終決定を行なう必要はあるのですが、その際にも弁護士のアドバイスがあれば、トラブルを起こさずに相続を完了することも出来るでしょう。
弁護士には相続に関する法律的なことでなくても、様々なことを相談できます。
トラブルを起こさないためにはこういった前準備が非常に重要となってくるため、多少の費用を払うことになったとしても、弁護士にアドバイスを求めるようにしておきましょう。
弁護士への報酬支払は相続後に行なうことも出来るため、安心して相談することが出来ます。

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ08

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ09

リンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリンクリ10